切らないで済む包茎症状とは?

包茎を治療するためには余った皮を切除する、こうイメージされる方が多いと思いますが切らなくてよい場合もあります。
これは症状によって違い、まず大前提として真性包茎、カントン包茎は必ず皮を切って治療しなければなりません。
つまり、皮を切らずに治療できるのは仮性包茎だけとなります。
さらに仮性包茎でも症状が重いと切らなければいけない可能性がありますので医師とのカウンセリングで見極めることが大切です。

 

具体的にどうやって切らずに治療するのかですが、仮性包茎の場合だと普段は皮を被った状態ですが自分で皮を剥くこともできます。
これを利用して、皮を剥いた状態で医療用の糸で縫い、剥けた状態を維持する方法が一般的です。
糸で皮を抑えることで自然と剥けた状態になるよう矯正するわけです。
真性包茎は皮を剥くことができませんし、カントン包茎は皮を剥くことでうっ血してしまったりするのでこの方法が使えないことがわかります。
仮性包茎であれば皮を剥いても特に問題ないためこの方法が唯一採用できるのです。
糸を縫いつけたら後はその状態が自然と維持できるまで待つだけで、切らずに済むだけでなく非常に手軽な方法です。
手術費用も切除する方法に比べて安いため仮性包茎の方で切ることに抵抗がある方は医師にこの方法が使えるかどうかを聞いてみるのがいいでしょう。

 

また、ペニスのサイズを増大させることで結果的に包茎を治療する方法もあります。
こちらは包茎治療というよりはペニス増大を目的とした方法ですが、たとえば股間の根本部分に埋没しているペニスを引っ張りだすことでペニスサイズを増大させ、自然と皮が剥けるようにする方法もあります。
やはり皮を切る必要がなく、仕上がりの面などからどうしても切りたくないという方に有効です。

 

真性包茎やカントン包茎は切る以外の選択肢が基本的にないのですが仮性包茎であれば複数の方法から選ぶことができます。
自分の希望を医師に伝えれば最大限配慮したうえで治療法を決めてくれますのでカウンセリング時に切るのには抵抗があること、なんとか切らずに治療したいことをはっきりと伝えましょう。