包茎手術の主な手術の種類について

包茎手術の種類は1つではなく複数あり、主にカウンセリングを経て医師がどの方法を採用するかを決定します。
ですがクリニックによって行う手術の方法が違ったりしますので自分自身でそれぞれの方法の違いなどを把握しておくことは大切です。

 

まず、現在主流となっているのが亀頭直下法と呼ばれる方法で、皮の先端部分を切除するのではなく亀頭のすぐ下の部分にある皮を切除します。
これが亀頭直下という名称の理由で、亀頭の下の部分を切除することで手術跡が目立ちにくくなるメリットがあります。
包茎に悩む方の中には見た目の問題を気にする方も多く、手術跡が目立ってしまうと意味がないのですがこの方法は従来の手術による問題点を解消しています。
ただし、担当する医師の技術が仕上がりに影響するとされており、この方法を選ぶなら実績のある医師が在籍しているクリニックを選ぶことがポイントになるでしょう。

 

次に環状切開術です。
以前はこの方法が主流で、余った皮を環状に切除するのが特徴です。
多くのクリニックでこの方法が採用されていましたが仕上がりが目立ちやすく、切除した部分とそうでない部分の色がはっきりと違うため包茎手術をしたことが一目でわかってしまう欠点があり、亀頭直下法が主流となった現在ではあまり採用されなくなりました。
それでもこの方法を採用するクリニックもありますので、その場合は仕上がりについてよく話を聞き、納得したうえで手術を受けるようにしましょう。

 

この他にも特殊な器具を使うクランプ法もあります。
輪の形をしたクランプで余った皮を切除する方法で、器具を利用することから医師の技術があまり関係なく、特に技術の未熟な経験の浅い医師がこの方法を選ぶことが多いようです。
仕上がりは環状切開術と似ていてあまりよくないのでやはり現在ではあまり採用されない方法です。

 

このように亀頭直下法を中心としてさまざまな方法で包茎の手術は行われます。
医師としっかり話し合いをして自分に最適な方法を見つけることが包茎を綺麗に治療するための第一歩です。