包茎は自力で治るものなのか?

クリニックなどを利用せず自力で包茎を治せないか、そう考えたことがある方も多いのではないでしょうか。
包茎を自力で治療することは可能なのか見ていきましょう。

 

まず包茎には真性包茎、カントン包茎、仮性包茎と3つの種類があります。
真性包茎とカントン包茎は自力で皮を剥くことはほぼ不可能で、強引に剥こうとすれば強い痛みを感じます。
治療するためには余っている皮を取り除くしかなく、そのためにはどうしても手術が必要になってしまいますので自力での治療はできないと考えるべきでしょう。
無理やり自分で治そうとしても危険ですし、クリニックで適切な治療を受けるのがもっとも効果的で安全です。

 

一方で仮性包茎は自力で皮を剥くことができる点で上記の2つとは大きく違います。
その気になれば常に皮を剥いた状態で生活することも難しくなく、自力での治療も十分目指せるのです。
たとえば治療を目的としたグッズなども販売されており、こうしたグッズを使っての治療も自力での治療だと考えるなら十分に可能だと言えるでしょう。
仮性包茎は保険適用外で治療費も全額自己負担になりますから経済的なことを考慮しても自力で治療する意味があります。
とはいえ、やはりプロである医師に治療をしてもらった方が確実で仕上がりも綺麗になることは間違いありません。
自力での治療ができるからクリニックに行く必要がないわけではないのです。
あくまでも自力治療も可能性があるんだ程度に考え、本当に包茎の治療を目指すなら仮性であってもクリニックに行くことが望ましいです。

 

仮性包茎は少し特殊ですが、基本的に包茎の治療は自力ではなくクリニックで行うべきです。
手術と聞くと恐怖心もあると思いますが包茎の手術は決して難しいものではなく、短時間で終了します。
日帰りできることがほとんどで、手術後の仕上がりもとても綺麗になりますからわざわざ自力で治療するメリットがほとんどないわけです。
包茎を治療したいと感じたら自分でどうにかしようと考えず、まずはクリニックで診察を受けましょう。