仮性包茎の主な症状について

仮性包茎は亀頭全体、もしくは一部を包皮が覆っているものの、自分の意志で剥くことができたり、勃起時に自然と剥けたりします。
その際に痛みもなく、セックスも問題なくできるため包茎の中ではもっとも症状が軽いと言えます。
実際に真性包茎やカントン包茎のように病気とは分類されておらず、仮性包茎の治療は保険適用外となっています。
いわゆる美容整形のようなものです。
つまり医学的な観点から言えば仮性包茎は治療をする必要はなく、そのままにしておいても問題ないものなのです。
海外では仮性包茎がある種の流行のようになっていて、あえて仮性包茎の状態を維持する男性も増えてきているほどで、これは仮性包茎の方がセックス時に強い快感を得られやすいことが原因となっているようです。

 

治療の必要性は少ない仮性包茎ですが、日本の男性にとっては大きな問題です。
やはり見た目の問題があってコンプレックスになってしまっている方が多いですし、仮性包茎であることが原因で自信を持てず、女性とのコミュニケーションもうまくできないなんて方もいます。
肉体的には治療の必要がなくても精神的な面から治療すべき方は多いというわけです。
保険適用外のため治療費は全額自己負担となってしまいますが仮性包茎であることに悩んでいるなら早期に治療を開始すべきでしょう。
また、皮を被っていることで衛生面でも不安が残ります。
どうしても亀頭の根本部分などに雑菌が繁殖しやすくなり、これが性病などの原因になることがあるからです。
その意味でも治療は決して無駄になりません。

 

手術での治療となれば不安もあると思いますが、まずはクリニックでカウンセリングを受けましょう。
包茎の治療では手術の前に必ずカウンセリングをし、本当に治療した方がいいのか、手術はどんなものかなどの説明が行われます。
この話を聞いてから手術するかどうかを判断してもかまいませんのでとにかくカウンセリングを受けて医師と相談することが大切です。